アタラフルイ日記


by mickred

沈丁花と木蓮

3月12日金曜日
晴れ、北風吹く,花粉多し
8時から10時までテニス。
2月か3月頃のまだ寒いうちから花を咲かせ,甘い匂いを
発散させる沈丁花。木蓮のぷっくりふっくらした質感の白い花びら。
そろそろ春かな。

言葉について
世界には6千前後の言葉があるらしい。
国連教育科学文化機関「ユネスコ〉が大掛かりな調査をしたら
約2500語が消滅の危機にさらされているようだ。
199語に至っては,話し手が10人以下に減っていた。
219もの言語が,20世紀の半ば以降に消えている。
去年はアラスカ州でイヤック語が,最後の話者が死んで途絶えた。
その女性は生前「ひとりぽっちは怖い」といっていた。
イヤック語で話せる相手が誰もいなかったからである。
1つの言語が生き延びていくには,10万人以上の話し手が必要だという。


a0119779_16322177.jpg
[PR]
by mickred | 2009-03-12 18:05