アタラフルイ日記


by mickred

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チョコレートケーキ

2月14日 土曜日
曇り。異様に暖かい。12時からテニス。
久々に汗をかいた。帰りに大門で「古代文字ART展」を見る。
書家の「天遊」さんから作品について聞く。
書は、人柄が出ると言うが,力強くセクシィな表現で美しかった。

このバレンタインケーキは、デザイナーのSさんからの
3時のおやつです。久々上等で濃厚なチョコレートケーキに出会えた。感謝

a0119779_14235121.jpg
[PR]
by mickred | 2009-02-16 14:38 | グルメ

六本木でこころの休息

シネマート六本木で成瀬巳喜男監督の「銀座化粧」をみた。
田中絹代が銀座の女給(今のホステス)の役で、
いつもタバコをヨコにくわえて吸っていたのが印象的でした。
小柄でも存在感があり哀愁を感じるのが、フェリー二の「道」の
ジュリエッタ マシーナといつもかぶって見えます。 
戦後復興の途中の銀座風景は一見の価値あり。

その後、東京ミッドタウンのサントリー美術館の
国宝三井寺展にいきました。
多彩な秘仏の数々を鑑賞していると
東京、六本木にいることをわすれ、こころが和むものです。
 
                     
a0119779_16264012.jpg
[PR]
by mickred | 2009-02-11 19:45 | 映画

文字にこめられた意味

文字には、人間が込めた呪いや祝いや念じることを
はたそうとする力があります。
文字の意味を考えながら「白」を書いてみた。

「白」は、白骨化したしゃれこうべを示しています。ー白川静著よりー

a0119779_1835302.jpg
[PR]
by mickred | 2009-02-10 15:18 |

映画のまち深川

私の住んでいる佃から、歩いても20分くらいでいける
古石場文化センターで、江東シネマフェステイバルを開催していた。
そこは私もはじめて知ったのですが小津安二郎の資料館になっていました。
小津は、深川生まれで古石場から数分のところに生家がありました。

主演級俳優が多数出演した「小早川家の秋」をみました。
深い無常観を濃密に漂わせる名作でした。

a0119779_18435739.jpg
[PR]
by mickred | 2009-02-10 11:50 | 映画
 
 最近ひょんなきっかけで書をはじめた。
 私が習字というものを始めた頃は、
 文字の形をそのまま写すというということで
 あったような気がします。

 書道の時間は苦痛でしかなく、何の感動も伴わなかった。
 美しく整って死んでいる書より
 下手だが、息をしている書をかきたい。

 何か新しい自分が見つけられるような気配がします。

 a0119779_18375261.jpg
[PR]
by mickred | 2009-02-09 15:01 |