アタラフルイ日記


by mickred

墨色展

11月19日木曜日
朝から冷たい雨
東京もずいぶん秋が深まってきました。
並木が黄色になり,街の灯があたたかく見えるが
昔の秋の、あのツーンとつき抜けるけはいがない。
秋の色、というものを、わたしは墨の中の一つの色合い
を思いうかべます。。
わたくしごとですが12月の中旬から墨色をテーマにした展覧会をする予定です。
いまその準備に追われています。
a0119779_15482252.jpga0119779_15485060.jpg
[PR]
# by mickred | 2009-11-19 13:40

書とわたし

字の始まりは,獣骨や亀の甲羅に彫りつけた「甲骨文字」
といわれている。
自然に対する恐れ、親しみ,生命の不可思議、現実へのてだて、
古代の人々は,生活に必要な記号をつくった。
水平線の両側に、それぞれ同じものを書いて、上,下の区別の
しるしとし,日は太陽の形、木は木の姿、火も水もすこしも
無駄のないきびしいかたちで、真の相をそなえている。
日と月をあわせて、「明るい」という形容の記号をつくり、
「女」に二つの乳房を加えて「母」としたりする。
後に,この記号が文字として整頓され,複雑になり、
かたちそのものとしての力が薄らいでいく。
私という精神の不思議なあるもの、人間の作り出す力を
「書」というものをとうして、掘り出していきたいと思う。
[PR]
# by mickred | 2009-11-19 12:30

金魚坂

6月13日土曜日
晴れ時々曇り
梅雨の蒸し暑い1日でした。
夕方から文京区本郷にある金魚やさんに
金魚、金魚鉢を買いにいった。
いろんな金魚がいて自分ですくって金魚選びをする。
家にかえり鉢に金魚をいれてずっと眺めていた。
少し涼しくなった気がした。

a0119779_14253330.jpg





[PR]
# by mickred | 2009-06-14 14:26

山でタジン鍋

5月24日 日曜日
雨のち晴れ
昨日から山の家で過ごす。
タジン鍋で夏のパーテイーの設定で撮影をする。
ジャガイモ,人参の上にタラをおき,
パプリカ,茸、トマトをその上にのせる。
さらにエビをのせて,ニンニク、パセリの
みじん切りをふりかけ、塩こしょう少々。
最後にオリーブの実を好みの量を入れ,
オリーブオイルを適量振りかける。
ふたをしたら4、50分待ちます。
モロッコ料理を少しアレンジ。
とても美味しくできたと思う。

a0119779_21292851.jpg
[PR]
# by mickred | 2009-05-25 21:32

山日和

5月3日日曜日
晴れ時々曇り
久々に6日間の休暇がとれ、山の家で過ごす。
ペンキ塗り,鹿対策で家の周りに針金で柵ずくり。
山の生活は労働の日々である。
こなしの木に緑の葉が少し見える。後3週間もすれば
白い花が咲く。やっと山にも春が来る。
朝早く山の頂上にいく。
向こうに見えるのは,雪を少し残した蓼科山。
清々しいひと時である。

a0119779_1753565.jpg
[PR]
# by mickred | 2009-05-13 17:54